こだわり

石油系ドライ

dry.jpg

いつもきれいな洗浄液で・・・

包装材をとった瞬間に感じるドライクリーニングの溶剤の臭い(?)は誤解です。 ドライクリーニング溶剤には確かに無臭ではありませんが、乾燥工程を経て溶剤は全て揮発しており溶剤臭などする訳がありません。 全ての臭いがそうだと断言はしませんが、これは脂肪酸という人間の脂の凝縮された臭いかも知れません…。 つまり、他人の汚れが凝縮された臭いが自分の衣服に付着している訳で、綺麗にして貰うつもりで出した衣服が実は汚されて返って来ている場合があります。
この脂肪酸は一度付着すると除去が困難なため、新品の時から綺麗な溶剤でクリーニングするお店に出さなくてはなりません。

自然乾燥

sizen.jpg

乾燥温度の徹底管理

生地やお洋服にとってのタンブラー乾燥は良いものではありません。乾燥温度・時間は、低く、短い事が理想的です。さらにお品物に合わせて自然乾燥を行います。その分、少しお時間を頂くことがあるかもしれません。 お仕上がり時間の短縮。工程の高効率化は業者の都合です。 当店は、お品物を出来る限り傷めない事に努めます。

丁寧な立体仕上げ

ritai.jpg

東洋社のクリーニングサービスでは、世界の一流アパレルメーカーが出荷前最終成型プレスに使用している「立体成型プレス機」を導入しています。人体型のプレス機なので、美しい風合いとシルエットを復元、キープすることができます。

型崩れ防止仕上げ

keep.jpg

立体整型仕上後ドイツ・ファイト社製フィニッシュ台にて型崩れ防止仕上げ 。

和紙による包装

wrap.jpg

ポリ袋から紙へ、紙による立体包装,平面包装が出来るようになりました。シーズンオフにはそのままで格納できます。空気の流通が有り、カビなどの被害から守ります。要らなくなった紙袋はリサイクルが出来ます(資源ごみ)紙が破損しないように大事にお取り扱い致します。

タグを外してからお返しします

tug.jpg

東洋社では、タグは必ず外してから、お客様にお返ししています。 お客様から、「あのタグを外すのがストレスなんですよね!!」 「タグを外して返していただくクリーニング店は初めてです!!感心しました!!」 「今まで料金の高いクリーニング店に出しても、タグが付いたままでした。」 といった声を聞きます。ささいなことかもしれませんが、こだわっていることの1つです。