お知らせ

オシャレ

Duke of Windsor (ウィンザー公爵)

 

コノ人が誰だか知っている人は、エンスーさんです。現イギリス女王、エリザベス2世の伯父であり、イギリス、アメリカファッション界の伝説的な人物です。実は、代々のイギリス皇太子には、お洒落のスター(最高レベル)が何人もいます。「お洒落には、ある程度のお金がかかる」という現実があり、昔のファションは、今のように、「デザイナー主導」ではなく「貴族・王」が引っ張ったという事実があるからなのです。
ウィンザー公・・・本名:エドワード8世彼はチャールズ皇太子から見ると、母エリザベス女王の父、ジョージ6世の兄
。つまり、おじいさんの兄になるわけです。つまりイギリス国王になったことがある人なのです。エピソードは語るに付きません。世界で初めてタバコを吸ったところを、写真に撮らせた王族。世界で初めてラジオに出演した王族。当時「世界で一番魅力的な独身男性」と言われてたです。かなり、自由奔放な性格だったことが、うかがえます。服装ではやはり、「ウィンザーノット」が一番有名でしょうか?ネクタイの結び方の一種なのですが、ノット(結び目)にボリュームを持たせるための独特な結び方です。考案したのが、このウィンザー公ということになっています。その他にも、ダッブ・カラー、タイ・スナップ、ブリム・ハット、フェア・アイル・セーター・・・ウィンザー公のファッションセンスは、当時の人達の注目の的だったようです。さて、本題に入りましょう。なぜ、ウィンザー公が当時のファッションリーダー足りえたのか?世界最高のダンディズムたる所以は、側(かたわら)には、腕利きのテーラーがいるはずです。良い服着ていることでしょうし、良い靴も履いているでしょう。お金も沢山あるし、何も不自由しないでしょう。しかし、そんなことではないのです。そこが問題じゃあ、ないのです。問題は・・愛を全うするためには、王位までも捨てる勇気があるかないか?これは生きざまの原点。お洒落の原点は何が何でも清潔を貫き通す事でしょうか?







 

  • Category:
  • Author:toyosha1040